FASTRun-Rは、野球選手向けのタイム測定にもお役に立ちます。

基礎体力を把握するためのスプリント走測定はもちろん、

より実践的なベースランニングのタイムも正確に測定できます。

タイマーユニット

センサーユニット

​ベースセンサー

<スプリント走>

スプリント走は、タイマーユニット1個とセンサーユニット2個(セットB)を使用します。

スタート地点に設置したセンサーユニットの前を通過すると計測スタートし、

ゴール地点に設置したセンサーユニットの前を通過すると計測が終了します。

​追加のセンサーユニットを途中に設置すれば、ラップタイムも測定できます。

<ベースランニング>

ベースランニングは、タイマーユニット1個、センサーユニット(「いなくなったらスタート」オプション付き)1個、ベースセンサー1個を使用します。

選手がバッターボックスに設置したセンサーユニットの前からいなくなると計測スタートし、ベースを踏むとベースセンサーが振動を検出し、計測が終了します。

ベースセンサーの数を増やすと、各塁間のタイムも計測できます。

ベースセンサーは、写真の様にベースに巻き付けて設置します。

​選手がベースを踏むと、その振動を検出します。

阪神タイガースの近本選手は、大阪ガス時代に、FASTRun-Rを愛用されており、

プロ転向時、古巣の大阪ガス野球部にFASTRun-Rを贈呈されました。

​それが、デイリースポーツの一面に載りました!

大阪ガス野球部のスプリント走(20m/40m)測定の様子です。

Twitter