FASTRun-Rは、オリンピック選手にもご愛用いただいている本格派タイム測定器です。​様々な測定方法に対応しています。

​スプリント走

 

スタートユニットは音と光の合図を発すると同時にタイマーユニットに無線信号を送信し、タイマーユニットのストップウォッチがスタートします。​フィニッシュ位置のセンサーユニットの前を走者が通過すると、無線信号が送信され、ストップウォッチが止まります。

image15.jpg

加速走

 

スタート位置とフィニッシュ位置にそれぞれセンサーユニットを設置し、走者はそれらの前を走り抜けます。

​センサーユニットの前を走者が通過すると、無線信号がタイマーユニットに送信され、タイムが測定されます。

image20.jpg

ラップタイム測定

 

スタートユニットの合図でストップウォッチがスタートし、途中のセンサーユニットでラップ測定をし、​フィニッシュ位置のセンサーユニットを通過するとストップウォッチが止まります。

image18.jpg

加速走の場合、走者がスタート位置のセンサーユニットの前を通過するとストップウォッチが動き始め、途中のセンサーユニットでラップを測定し、フィニッシュ位置のセンサーユニットを通過すると​ストップウォッチが止まります。

image19.jpg

リレーのバトン移動測定

 

バトンの移動タイムを測定できます。

relaysequence.png

いなくなったらスタート

 

センサーユニットを選手の体の一部に向けて設置します。選手はセンサーユニットの検知する位置で準備します。走者がセンサーユニットから離れるとストップウォッチがスタートします。フィニッシュ位置のセンサーユニットを走者が通過するとストップウォッチが止まります。​複数区間も同様に測定できます。

※いなくなったらスタートはオプションにて対応可能な機能です。

image24.jpg